読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三振法務博士(30代)の法務日記

30代半ばで最初に就職したときよりも景気が良くなったとはいえ、30過ぎの三振法務博士が就職するのは厳しいです。 根気よくやるしかありません。 私の就職・転職活動についてのメモ書きです。

WEB転職サイトの利用

人材紹介会社が利用できない人はもちろん、人材紹介会社を登録した人も、

WEB転職サイトは利用しましょう。

 

公募なので玉石混交ですが、就職・転職界の相場感覚をつかむことができます

 

 

更新日に即チェックすることが重要です。

自分の在籍した企業の人事が言っていましたが、募集開始直後の応募は、

人事も自社の相場がつかめていないので、とりあえず会ってみようという感覚になるそうです。

 

最初は登録するのが面倒に感じますが、一度登録すればあとは使いまわせますので、

一気に登録してしまうのが良いと思います。

 

以下、代表的な転職サイトを紹介します。

 

業界最大手。非常にたくさんの求人が掲載されています。

しかし、大手すぎて1人の募集に1000人の応募があることもざらとか。

ここで採用にこぎつけるには運の要素も重要かもしれません。

とはいえ、ここを無視するのは得策でありません。

 

業界2番手。

リクナビにない求人も多いように感じます。

私はここで2社目を見つけました。

また、今回もう一件内定をもらった会社もここで見つけました。

 

上記2媒体の特色はよくわかりません。が、業界大手です。

 

いろいろな媒体・人材紹介会社をまとめたサイトです。

ここに登録すると中小の人材紹介会社からスカウトがくることがあります。

 

ベンチャー系が多いです。条件に合う案件を見つけるのが簡単。応募も簡単。おススメです。

 

ベンチャー系が多いです。自分に合う案件を自動的に提案してくれます。

条件に合う案件を見つけるのが簡単です。応募も簡単。

ここもおススメです。

有料サービスもありますが、有料サービスを利用しなくても十分と思います。

 

ご存知ハローワークのインターネットサイト。

空求人が多いといううわさもありますが、地方の優良企業などで、求人はハロワ経由でしか出さないという企業もあり、お宝求人もあります。

ただし、そういうお宝求人はすぐに募集が締め切られるので、見つけたらすぐ応募しましょう。

ハロワに登録しなくても利用できますが、登録後でなかったり、ハロワに行ったりしないと詳細がわからない案件があります。

 

 

ところで、よくロースクール卒業生に聞かれることがある質問に「いくつぐらいのサイトに登録すればいいのですか?」というものがあります。

 

私の回答は「全部登録してください」です。

 

一つのサイトにしか登録しない人は、それだけ就職・転職の機会を損失しています

 

すべての転職サイトに登録する企業は限られています。

転職サイトに登録するには、けっこうなお金がかかります。したがって、超一流の大企業以外は一部のサイトにしか登録しないのです。

それなのに、リクナビにしか登録していない人は、本気で就職・転職する気があるのか疑問に思います。

まずは、社会への第一歩を進めないといけない我々はそんな悠長な構え方ではいけないのです。

 

とはいえ、私も最初はリクナビにしか登録していませんでした。

討ち死にしまくって、考えを改めました。